2017/11/14

台湾出張三日目そして帰国

この記事を書いてるのに次の台湾イベントから帰って来ちゃいました。。

続けて書いてきます すいません

イベント翌日は台北の取扱店での打ち合わせのために早朝の新幹線

台中の駅も人がほとんどいませんでした。


駅構内のロイヤルホストはやってません。


 駅には人がいないけど新幹線は満員、そして狭い


今までタクシー移動ばっかりだったので新幹線と駅って新鮮

台北駅の大きさのこの梁と細い柱で大丈夫なのかと不安になります。


7thの台湾&中国エリアを取り仕切ってくれているお店に到着
オーナーはまだ来てません。。


 オーナーが到着して一時間ぐらい今度のイベントの打ち合わせ(書いてる今日そのイベントから帰って来ましたけど。。。)


打ち合わせ後は台湾でいつもサポートしてくれる友人のお店に


夜の街をふらふらして


夜のピンクなお店にも行かず
アラフォー3人の男子でコールドストーン・・・・・


最後の反省会も女っ気無し


夜中の2時に帰ってきて7時の飛行機に乗るために空港へ

ホテルの泊まる理由はあったのだろうか。。


空港から車だったので蕎麦屋の息子のNKBミドル級チャンピオンを自宅まで送り

蕎麦屋の息子の自宅近くの蕎麦屋でお昼ご飯


突然出店を決めてから準備する時間も限られててハードスケジュールでした。

台湾のバイク熱がこれからもっと上がってくればとても楽しくなりそうです。


また来月台湾のイベントに行きます!!! (←ってそのイベントから帰ってきた日に書いている)

次回から Ridefree8の出展報告です。

2017/10/31

台湾出張二日目後編

さて、台湾出張の続きです。

台中市内からタクシーで30分(遠い)

開場に到着したらすでにイベントは始まってる。

慌てて展示して汗びっしょり


日本でいうブルースカイヘブン的なイベントですね。


ブースを見て回るお客さんもたくさんいました。



でかいトラックだなーって思ったらタイヤチェンジャー積んだトラックでした。

イベント中にタイヤ交換って画期的。



ブースの横にはライブ会場

中華圏ならではの円卓


台湾の大型バイクのナンバーは赤

最近までバイクで高速を走ることが出来なかったんですが(完成車の輸入が解禁されたのは2003年)

大型バイクの普及により大型のみ高速走行可能になりました。


フレームのフロント部分にもナンバー付けるんですね。


夕方になるとライブと台湾にあるチャプターの紹介イベントが始まりました。
日本のブルスカと比べると派手ですね。。


ライブ始まる、円卓囲む、盛り上がる

そうするとブース側は超閑散とします。


となりのブースの人にもビールをお裾分けして乾杯~♪

結局一個も売れずイベント終了 笑笑笑


イベント終了後

今回ブースを用意してくれた林君としゃぶしゃぶ(←売れてないのに・・)



台湾人の林君(写真左手前)は創業15年目レーシングスーツやグローブなどを作るメーカーの社長 (でもまだ30歳???)

元々孤児院出身で15歳の時に園長先生が保証人になって4000万融資受けて創業、その融資は20歳で完済した強者。。
いまは飲食店も数店持ってるらしい・・・・・

ぬくぬく生きて来て本当にごめんなさい。

食べ終わったのは深夜二時。。

翌日は朝から台北で打ち合わせがあるので朝6時半の新幹線です!!!




台湾出張二日目前編

なんだか時間が空いてしまいましたが・・

台北から台中に移動して翌朝

イベントは午後からだから午前中は観光でも(←間違ってる。。)

ってことで一度行ってみたかった

宮原眼科へ
日本統治時代に宮原医師が眼科を開業していた建物をリノベーションしたもの


写真撮りたかったのに、堂々と誰かが路駐してますが。。




中は一階がお土産屋さん

二階はカフェです。
1人当たりのオーダー額の最低 金額は385元(大体1300円ぐらい)←商売上手)

カフェに上がらないとこの写真が取れないという・・・。





当時の骨組みに鉄骨が入り乱れて複雑な造形

私の絶妙はカメラアングルでかっこよく見えるNKBミドル級ちゃんぴょん


お茶してる場合ではないって事に気が付いてないアラフォー3人


さて、そろそろ会場に行きますって事で

移動しようとしたとき、Tシャツをかけるハンガーラックが無いと・・・

わざわざ台中のダイソーでデッキブラシと物干しフックを購入した猪八戒


さて、会場に向かいます。

続く。